【FOMC】量的緩和をわかりやすく説明するよ

経済情勢

みなさま、こんにちは~。

アラカン(アラウンド還暦)のひなたです。

 

 

ゆうべの米国株式市場。

ダウ    +383.25ドル(1.08%)

NASDAQ  +327.94ドル(2.15%)

S&P500 +75.76ドル(1.63%)

 

3指数は反発です。

 

出足はほぼほぼマイナスだったんですよ。

あれから株価めっちゃ上がったんだなあ。

まさに寝る前に見る株価と

朝起きた時に見る株価の景色が

最近激しく違った日。

 

2022年6月に終了予定だった

テーパリングをFOMCが

来年3月に終了すると発表しました。

 

時期が早まったんですね。

そして来年末までにいよいよ

0.25%利上げを3回するようです。

 

この株価の上げは

不透明感が和らいだって感じですかね。

「FOMCは無事通過」

と言ってる人もいます。

 

さあ、ここでテーパリングについて

おさらいをしてみよう。

 

テーパリングは日本語で言うと

「量的緩和の縮小」。

 

漢字ばかりでむしろわかりにくい。

 

こんな言葉

社会の授業で出てきても

みんな寝るよ。私も寝る。

だったらわかりやすく説明しよう。

今さら聞けない事って

けっこうありますよね。

 

量的緩和とは

中央銀行が国債や債券などを

大量に買っていく金融政策です。

 

「量的」というのは

中央銀行(日本だったら日銀)が

国債や債券をたくさん買う事なんですね~。

なんでこんなややこしい言葉を

使うんでしょうね。

「債券を買う」でいいではないか。

 

てなわけで。

 

債券が大量に買われるので

債券の値段が上がります。

買われると上がる。

これはみなさま大好き、株と一緒ですね。

 

そうなると

債券の値段が上がる=金利が下がる

はい。逆の現象になるんです。

 

金利が下がると

「金利やっす!」

となって民間の金融機関から

お金を借りやすくなります。

 

むしろ今なんてほぼ金利ゼロ時代。

 

お金が借りやすくなると

お金が市場に出回ります。

 

お金が回ると経済も

まわってまわってまわってまわる~(古)

これが量的緩和、です。

 

経済がまわると

物の値段もだんだん上がっていきます。

ましてや最近は

過去最大のインフレ率。

 

「思ったより早く量的緩和いらないんでね?」

というのが今回のFOMCの判断のようです。

 

コロナの今後の状況にもよりますが

年内の大きいイベントは

もう無いかと思います。

 

来年はどうなるかわかりませんが

年末までは良い相場になるといいですね。

 

ひなた
ひなた

クリスマスラリーを祈るのみ。

 

ご清聴ありがとうございます。ぺこりぺこり。

好きなだけ押してください。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村


米国株ランキング

経済情勢
スポンサーリンク
シェアする
アラカンひなたのゆるゆる米国投資

コメント