ソフトバンク アームを4.2兆円でエヌビディアに売却

経済情勢



 

みなさま、こんにちは~。

アラカン(アラウンド還暦)のひなたです。

 

前からそんな噂はありましたが

お騒がせソフトバンクグループが今度は

ARM(アーム)の株をNVIDIA(エヌビディア)に売ったようです。

 

アームとは半導体を設計する会社で

スマートフォンやタブレットの中に入っているCPUという

言わば脳みそみたいな部分の設計図を作って

ライセンス料で収益を立てているようですね。

 

そんなすごい技術のある企業なので孫さんが

2016年に3.2兆円でアームを買収したのです。

 

当時のアームは1000億くらいの売り上げでしかなったので

孫さんはかなり高い買い物したって感じです(^^;

 

んでアームを買ってどうだったというと

実際は赤字だったようです。

 

エヌビディアはグラフィックを動かすための半導体を作っていて

今、時価総額が30兆円にものぼるらしいです。

これは時価総額20兆円のインテルをに抜いてます。

(インテル入ってる?のインテルです)

 

そのエヌビディアがアームを4.2兆円で買うのだそうです。

 

4.2兆円−3.2兆円=

の答えは?

はい、1兆円ですね。

 

そう、孫さんは1兆円の利益になるわけですよ。

 

 

エヌビディアは最近株価も爆上がりしてたくらい

個別銘柄の株も人気あります。

でも、私は半導体銘柄って裏に怪しい中国の匂いがしてそうで

よくわからないから買いませんが(^^;

 

なので、ソフトバンクがヘタな中国企業にアームを売るよりは

アメリカの会社のエヌビディアに売ってくれた方が安心。

きっとトランプさんも安心、うん笑

 

 

 

 

 

ご清聴ありがとうございます。ぺこりぺこり。

安心した方も不安な方もよろしければクリックお願いします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

経済情勢
スポンサーリンク
シェアする
アラカンひなたのゆるゆる米国投資

コメント